はぎゅハウス

渋谷で働くシンガーソングライター〜音楽のことや仕事について書いています〜

飲み会のお誘いで行こうかどうか悩むときにすべき3つのこと

暑中お見舞申し上げます!!

どうも、ギターブロガーのはぎゅです!!

 

冷たいビールってふと飲みたくなりますよね!ぼく自身もお酒を飲むことは好きなので、非常にこの気持ちはわかります。

 

しかし、こんなときはないでしょうか

飲み会のお誘いで行こうかどうか悩む

会社の付き合いだったり、親しい友人からの誘いだったり、いろいろな機会があると思うのですが、本当は他にしたいことがあったり、やるべきことがあるのに、なんとなく誘われたままに、参加しちゃうというのはなんとも微妙だとおもいます。

 

それもその参加した飲み会や、メンバーが、毎回「転職しようか悩んでるんだよね」「こんなことやりたいけどむずかしいなあ〜。」みたいな話ばかりなら余計にその飲み会に参加する意味を考え直したほうがいいかもしれません。

 

こんなときにどうすればいいのかぼくなりにかんがえてみました。

 

①即効でコンビニでおにぎりを買って食べるor水飲みまくる(お腹を膨らませる)

物理的にお腹を満たしてしまって、飲み会に行くモチベーションを下げてしまうという方法です。

 

②その場で『本当にやりたいこと』を始めてしまう

例えば、ブログを書こうと思っているのなら、その場ですぐに「スタバに入ってブログを書き始める」というのがいいです。ようするに自分が本当にやりたいことその場で始めてしまうということです。

転職をしたいと思っているのなら、その場ですぐに「履歴書・職務経歴書を書き始める」ということです。

本当にしたいことを実際にやっている最中なら、飲み会の誘惑、じぶんの煩悩にも打ち勝ちやすいでしょう。

 

③自分の憧れる人ならどうするかかんがえてみる

これは自分自身心から尊敬したり、憧れている人がいる場合じゃないとあまり意味がないかもしれませんが。

じぶんがなりたい姿、やりたいことを実際にやっている「憧れのあの人」なら、いまのじぶんの状況でどうするかをかんがえてみましょう。

その「憧れの人・尊敬する人」が参加したほうがいいと思うのなら参加したほうがいいでしょう。夢を叶えるための「みんなと違う行動」をとっているのなら、その行動をするべきでしょう。 

いつもと同じことばかりするのはやめようっていうだけです

こんなことを書いていますが、飲み会に参加するべきじゃないと言いたいわけではなりません。ただ、やりたいことがあるのに、その気持ちに背中を向けて今夜も煽り酒をするのなら、本来やるべきことをしましょうということです。